【飲食店】開業の費用は1,000万円も必要?資金集めの悩みも解決

皆さん、こんにちは!

ルイーダ商会のブログ担当です!

 

当ブログでは、飲食店の開業に必要な準備や流れ、開業後に必要なWEB戦略などの、飲食店の開業に必要となる事柄をテーマに、数回にわたって連載していきたいと思います!

 

前回、飲食店の開業に役立つ助成金についてお話ししたので、

今回は、飲食店の開業費用についてお話ししていきたいと思います!

 

飲食店を開業する際、資金がどのくらいかかるのか気になりますよね。

この記事では、飲食店の開業に必要な費用と開業資金の集め方について紹介します!

 

では、飲食店の開業にかかる費用についてみていきましょう。

 

飲食店の開業には費用が1,000万円も必要?

 

 

飲食店を開業するには、400~ 1,000万円程度必要と言われています。

飲食店の開業には以下3つの項目で費用がかかります。

 

  • 物件の取得費
  • 内装、設備工事などの諸経費
  • 運転資金

 

それぞれの項目ごとに詳しくみていきましょう。

 

物件の取得費用

飲食店の開業にかかる費用のほとんどは物件の取得費用です。

項目1つ1つの値段が高額になりがちな為です。

では、物件の取得費用の内訳をみていきましょう。

 

  • 敷金(賃料の0~10ヶ月分)
  • 礼金(0~2ヶ月分)
  • 仲介手数料(1ヶ月分)
  • 前家賃(1ヶ月分)
  • 造作譲渡費用(前の物件の設備を使う場合、物件によっては支払う)

 

物件の取得費用の大半は、敷金となっています。

敷金は、家賃が払えないときやテナントの修繕費などのためにオーナーに預けておくもので、戻ってくる場合もあります。

 

上記5つの項目で費用がかかってくるため、物件の取得費用は、飲食店の開業で一番負担になるといえます。

 

内装、設備工事などの諸経費

飲食店の開業には、内装や設備工事を行うための費用がかかってきます。

内装工事には、1坪あたり30~50万円かかると言われています。

 

その他に必要なモノとしては、以下2点が挙げられます。

 

  • 冷蔵庫やガス台などの厨房機器
  • テーブルや椅子などの備品

 

内装、設備の工事費用も比較的高額になります。

すべて業者にお願いすると高くなってしまうため、小さい店舗でしたら自分で出来るところは自分で行って費用を抑えることも大切です。

 

運転資金

飲食店を開業する前には、運転資金を確保しましょう。

なぜなら、飲食店の経営が軌道に乗るまでは、売り上げだけですべてをまかなうと考えていると厳しいからです。

 

運転資金の理想は、賃料の6ヶ月分程度です。

経営が軌道に乗っていないとしても、支払いや仕入れは変わらずにあることを考えないといけません。

 

飲食店を経営する際は、運転資金として賃料の6ヶ月分を確保しておきましょう。

 

飲食店の開業に使う【資金の集め方】

 

 

飲食店の開業には、400~1,000万円必要です。

高額な資金をすぐに手元に用意するのは、難しいという方が多いと思います。

資金集めの方法としては、以下3点があります。

 

  • 銀行や信用金庫からの融資
  • 日本政策金融公庫での借り入れ
  • 国や自治体の補助金、助成金

 

それでは、1つずつみていきましょう。

 

銀行や信用金庫からの融資

開業資金の調達法として、最も多いのが銀行や信用金庫からの融資です。

融資を受ける際に気をつける点は、資金が足りに場合に追加融資を依頼したとしても受理されない場合があると言うことです。

 

融資を申し込む際は、ゆとりを持った金額で見積もり、銀行融資のための質の高い事業計画書を作成しましょう。

 

日本政策金融公庫での借り入れ

公的機関である日本政策金融公庫から融資を受ける方法があります。

日本政策金融公庫は、比較的低金利で借りられる点が魅力です。

 

その他にも再挑戦支援金や女性・若者、シニア企業化支援金など企業計画に合わせたものが用意されています。

また、高い限度額やゆとりのある返済期間、2年以内の返済据え置き期間の設定なども可能となっています。

 

そのため、日本政策金融公庫で融資を受けるのもおすすめです。

 

国や自治体の補助金・助成金

国や自治体の補助金・助成金も飲食店を開業する際にはチェックしておくと良いでしょう。

 

補助金は、募集期間が限定されており、審査に通る必要があります。

審査が通れば、助成金よりも大きな金額を受け取ることが出来る可能性があるため、ダメ元でも応募してみると良いでしょう。

助成金は、条件に適していれば支給され、長期間受け取ることが出来るのが一般的です。

 

飲食店開業の前に自身のお店の事業形態や用途が補助金、助成金の条件に該当しているかチェックしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

飲食店の開業には、次の3項目で費用がかかることがわかりました。

 

  • 物件の取得費
  • 内装、設備工事などの諸経費
  • 運転資金

 

そして、飲食店を開業する際の資金集めには、次の3つの方法があります。

 

  • 銀行や信用金庫からの融資
  • 日本政策金融公庫での借り入れ
  • 国や自治体の補助金、助成金

 

飲食店の開業には、多額の費用がかかります。

金融機関から融資を受けるだけでなく、補助金や助成金の条件に該当しているかどうかも、必ず確認するようにしましょう。

 

弊社では、飲食店様向け開業サポートプランとして、激安のホームページパッケージをご提供させて頂いてます。

 

初期設定費用 6万円

月額     6千円

パッケージ利用サイト実績は下記の通りです。

https://moutiers.co.jp/

https://tokyo-craftclub.jp/

是非お気軽にinfo@luida-shoukai.jpまでお問合せ下さい。

 

次回の記事では、飲食店の開業準備についてお話ししていければと思います!

 

それではまたお会いしましょう!

 

参考文献

https://www.micreed.co.jp/cat_feature/open-shikin/

https://www.inshokuten.com/bukken/media/article/303

https://heartland-tax.com/media/fund/restaurant-opening/

https://unisiacom.co.jp/blog/2910/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です