【Happyハロウィン!】歴史・心理学・マーケティングから見る日本人の仮装文化!

こんにちは~(*´ω`*)

新人広報のGBです♪

 

10月31日は…かの有名な…!

ハロウィン!!!

 

仮装するとか、パーティーに出るとか、特に予定は何もないんですが💦、

なんとなくワクワクしちゃいます!(*´▽`*)

 

今日は、そんな心ときめく「ハロウィン」についてお話していきま~す!

 

「ハロウィン」ってそもそもどんな日?

ハロウィンは毎年10月31日に行われるお祭りで、起源は古代ケルト人のお祭りだそう。

古代ケルト人にとって、10月31日は1年の終わりの日。

この日は死者の霊が家族のもとに訪れると考えられていたのですが、同じ時期に悪魔や魔女などの悪い霊もやってくると信じられていました。

なので、仮面をかぶって仮装したり、焚火をたいたりして、悪い霊を追い払おうとしたのが起源といわれています!

 

 

これにちなんでアメリカやヨーロッパでは、悪い霊も逃げていきそうな怖~い顔のカボチャにキャンドルをいれた「ジャック・オー・ランタン」を飾ったり、

子供たちが魔女やドラキュラなどの姿に仮装して「Trick or treat!(トリック・オア・トリート)」と唱えながら、ご近所さんを1軒1軒軒回っていくようになりました。

「Trick or treat!」は、「お菓子をくれないとイタズラするぞ!」という意味で、お菓子をくれなかった家にはイタズラしてもいいそうです…笑(;´∀`)

 

私の友人に海外で長年暮らしていた子がいるんですが、彼女が言っていましたよ…!

お菓子をくれなかった家には、生クリームや卵をいっぱいかけたんだー!」とね…

 

 

そんな話は置いておいて笑、

日本でやっているハロウィンとはだいぶ意味や内容が違いますね!

日本では好きなキャラクターとか、話題になった有名人に仮装したりする人が多いイメージがあります!

 

では、どうして日本人はハロウィンの起源とはちょっと違う仮装をしてしまうのでしょうか?

次の項で見ていきましょう!

 

日本人の仮装心理

そもそもハロウィンは外国のお祭りなので、意味や経緯を理解する機会がないため、

起源とは関係のない仮装をしているというのが大きな理由の一つだとは思います。

ただ、それ以外にも考えられる理由はいくつかあります。

 

歴史的観点:日本人は昔から仮装が好き

 

心理学的観点:心に潜む「変身願望」

 

マーケティング的観点:「モノ消費」から「コト消費」へ

 

では、それぞれ細かく見ていきましょう!

 

歴史的観点:日本人は昔から仮装が好き

よく海外の方から「日本人は真面目でシャイ」と思われがちですが、

我々日本人はお祭り好きでもあります!

古くから、神様や時の天下人をたたえて宴を開き、季節の移ろいをお祭りで楽しんできました

現代でも花火大会や盆踊り、初詣など、たくさんのお祭りや行事がありますよね。

実は日本には、現代のハロウィンと同じように、人々が仮装して盛り上がった過去があるんです…!

 

例えば、慶長9年(1604年)8月に行われた、豊臣秀吉の七回忌を祝う「豊国祭礼」。

なんと、タケノコや天狗、七福神の仮装をしている人達がいるんです!

天狗や七福神はわかるとして、なぜタケノコ…笑(;・∀・)

 

 

他にも、旧暦の7月26日に行われる「二十六夜待ち」というお月見行事。

高輪や品川などの海岸に集まって、皆でわいわい天ぷらやお寿司を食べて楽しんでいたそうですが、なぜかタコの仮装をした人が…!!

いったいなぜそんな仮装をしてしまったのでしょう…笑(;´∀`)

 

 

これ以外にも、日本の歴史には人々が宴やお祭りで仮装をして楽しむ様子が残されています。

普段は真面目に働いて、お祭りなどの楽しい行事では、仮装をして目一杯楽しんでいたのかもしれませんね!

 

心理学的観点:心に潜む「変身願望」

人は誰しも、自分にないものに憧れを抱きます。

例えば、広報GBは人見知り&ガチのインドア派なので、明るくて交友関係が広くて、フットワークの軽い人に憧れています…笑(;´・ω・)💦

もし1日だけでもそんな人になれたなら…

そんな願いをかなえてくれるのが、「仮装」なのです!

 

心理学には「仮面」を意味する「ペルソナ」という言葉があります。

人間にはいくつもの顔があり、広報GBで例えると、

普段は真面目に会社で働くGB (‘ω’) 、家でダラダラする不真面目なGB _(┐「ε:)_ 、

推し活に励む熱いGB (*/ω\*) 、などなど…笑

このような様々な顔のことを「ペルソナ」と言います

この「ペルソナ」を強調するものが、「仮装」という行為になります。

 

え!?仮装をしただけで性格が変わるの?

と思われたそこのあなた!

服装は、意外と人の精神に影響を及ぼすものなのです…!

 

例えば、小学校の入学式!

初めて背負ったランドセルで、「自分はこれから小学生になるんだ…!!」と、期待と不安で胸を膨らませませんでしたか?

最近でいえば、在宅ワーク時に「部屋着やパジャマだと仕事のやる気が出ないから家でもスーツを着る」なんて方も多いのではないでしょうか?

人は身に着ける物によって、考え方や行動に変化が起きるのです。

 

有名な心理学の実験で、「スタンフォード監獄実験」というものがあります。

人間は個々の本来の性格に関係なく、環境や役割に合わせて行動を変化させる

ということを証明しようとした、かなり怖い実験です…!

被験者を「囚人役」と「看守役」に分けて、それぞれの役にあった服装を着せ、監獄に似せた部屋で生活を送らせました。

すると被験者たちはそれぞれの役割にあった行動をするようになり、「看守役」が「囚人役」を精神的に追い詰めすぎたことで、実験は数日で中止となりました…

 

非常に怖い実験ですが、この実験からも読み取れるように、

人は役割を与えられ、その役割にあった服装や環境があることで、そこに近づく行動をすると考えられます。

つまり、仮装をするということは、自分が憧れている顔(ペルソナ)を引き出しやすくするということなのです!

 

 

普段は冴えない私だけど、今日だけは明るい元気な子になりたい…!✨

ハロウィンは、そんな変身願望を叶えてくれるイベントなのかもしれませんね!

 

マーケティング的観点:「モノ消費」から「コト消費」へ 

マーケティング的な観点からハロウィンを見てみると、

人々の消費傾向の変化が、日本独自のハロウィン文化を作り上げたのではないかとも考えられます。

 

物であふれかえった現代社会…

欲しいものは店頭に行かなくてもオンラインで買えたり、ロボット家電などの便利なアイテムも増えてきたことにより、

人々の生活は商品そのものに価値を見出す「モノ消費から、その商品を買うことで得られる特別な体験を楽しむ「コト消費へと変化しつつあります。

特に若い方は、SNSを通じて、自身の趣味や体験を「他者と共有したい」と考えている方が多いのではないでしょうか?

 

 

現代に生きる日本人にとってハロウィンというイベントは、

仮装をして感じた楽しさを、友人や、その場に集った人達と分かち合える」存在なのかもしれません!

 


 

 

さて、「日本人はなぜハロウィンの起源と違う仮装をしてしまうのか」について、

歴史・心理学・マーケティングの3つの観点でお話してきました…!

 

歴史では「お祭りと関係のない仮装をして楽しんでいた」こと、

心理学では「普段と違う自分になりたい変身願望により仮装をする」こと、

マーケティングでは「他者と楽しみ、その感情を共有したい」ことをお話してきました!

 

これらの話をまとめて考えると、

普段と違う自分になりきり、ハロウィンというイベントを多くの人と共有したい

ということになるのではないでしょうか…!!

 

 

歴史の観点から見ても、「豊国祭礼」や「二十六夜待ち」では、仮装そのものを楽しんでいるというより、お祭りに集まった人たちと喋ったり、一緒に食事をすることを楽しみたいという風に感じられます。

これは、マーケティングの観点でお話しした「他者と楽しみを共有したい」という感情に近いのではないでしょうか?

 

また、タケノコやタコなどの、お祭りの内容と関係のない仮装をしているという点も、現代のハロウィンに通ずるものを感じますよね。

普段真面目でシャイな日本人だからこそ、普段の自分からかけ離れた自分に「変身」したいという深層心理から、お祭りの趣旨に合った仮装よりも、ユニークだったり、自分の憧れに近い姿に仮装をするのかもしれませんね…!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

こうやって見てみると、日本人は昔からイベントごとが好きで、他者との共有を重んじる、感受性の豊かな人が多いんだなぁと感じます(*´▽`*)

 

また、心理学的観点のお話でも触れたように、仮装は変身願望の現れである可能性が高いです…!

気になっている方や、ちょっと苦手な方の仮装から、その方の深層心理を考えて仲良くなる…!

なんてことも夢じゃないかもしれませんよ✨

 

ちなみに広報GBのハロウィンは、家のお片付けと掃除で終わりそうです…(´;ω;`)💦

皆さんは、楽しいハロウィンをお過ごしくださいね!

 

それでは、また次回!

さようなら~♪( *´艸`)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です