5Gって何?これから生活はどう変わるの?

こんにちは~(*´ω`*)

新人広報のGBです♪

 

大量の虫が部屋に入ってくる怖い夢をみて、いまだに震えがとまりません…笑 ((;OдO))

 

さてさて、今日は「5G」についてお話ししようと思います!

5Gってよく聞くけど、いまいち何のことかわからない…

という方は多いのではないでしょうか?

実は、広報GBもルイーダ商会に入社するまではよくわかっていませんでした…笑(;´・ω・)

 

 

当ブログでもこれまで何度か5Gを取り上げてきてるのですが…

その数なんと14記事…!!

正直読み切れな…(; ̄ω )モゴモゴ

 

ということで、今回はその記事の要点をわかりやすくまとめてみました!

忙しくてたくさんの記事が読めない…(´;ω;`)

という方にオススメです!✨

それでは、「5G」についてお話していきまーす!

 

5Gの「5」と「G」ってそもそも何!?

読み方は「ファイブジー」で、「5th Generation(フィフス ジェネレーション)」を略して、「5G」と呼んでいます。

「5th Generation」は「第5世代」という意味で、

日本では5Gのことを「5世代移動通信システム」と呼ぶこともあります。

 

第5世代ということは、他の世代もあるっていうこと?

と思ったあなた!その通りです!

次の項目で、「G(ジェネレーション)」の歴史を見ていきましょう!

 

「G(ジェネレーション)」の進化の歴史

「G(ジェネレーション)」、すなわち移動通信システムは、10年ごとに進化してきました。

その世代ごとに、いったいどんな進化を遂げてきたのでしょうか?

 

1G (1th Generation):1980年代「携帯電話の登場

音声を電波信号に変えて通信するアナログ方式なので、携帯電話の機能は音声通話のみでした。

 

2G (2th Generation):1990年代「インターネットとメールの普及

通信方式がアナログからデジタルに移行したことで通信がしやすくなり、インターネットやメールが広く普及しました。

 

3G (3th Generation):2000年代「モバイルコンテンツの増加

通信速度が向上したことで、携帯電話でのインターネット接続や、モバイルコンテンツを楽しめるようになりました。

そして、3Gは国際基準の移動通信システムなので、国外でも携帯電話が使えるようになりました。

 

4G (4th Generation):2010年代「ゲームや動画が身近な存在に

通信速度がさらに向上したことで、スマートフォンの普及率が高まりました

インターネットの閲覧だけでなく、ゲームや動画、音楽、ライブ配信など、様々なことが楽しめるようになりました。

 

以上が、1G~4Gまでの進化の歴史です。

最初は音声通話のみだった機能に、メールやインターネットが加わり、とうとうゲームや動画なども楽しめるようになってしまった…

ものすごい進化の歴史ですね!!( ゚Д゚)

広報GBもこの勢いで進化していきたい…笑

 

いやいや!こんなに進化してるなら、もうこれ以上進化なんてできないでしょ~!

と思っているあなた!

いや、ホントそう思いますよね!!

でも、5Gは更なる進化を遂げてくるのです…!!(;・∀・)

 

5Gでは何ができるのか?

いや、もう進化の余地ないやん…」という考えすら超越してくる5G!!

その特徴は、大きく3つにわけることができます。

①高速&大容量の通信が可能!

通信速度が4Gの20倍に進化します!!

それにより、これまでメールで送ることのできなかった動画ファイルなどの大容量のデータを、高速で送受信できるようになります。

②低遅延の通信が可能!

現在の4Gも充分高速ですが、それでも多少の遅延が発生していました。

しかし、5Gでは通信遅延が4Gの1/10程度に減るため、よりリアルタイムに近い操作が可能となります。

そのため、高い信頼性を持った自動運転や、遠隔操作手術なども可能になるのではないかといわれています。

③多数の機器に同時接続が可能!

同時接続できる機器の数が、4Gの10倍増加します!

これまでのように、人が多いところで電波がつながりにくくてイライラしたり、災害時にアクセスがつながらず不安になるということも無くなるといわれています。

また、スマートフォン以外のあらゆる機器や端末に接続できるようになるため、遠隔での作業が可能になるのではないかともいわれています。

 

4Gからものすごい進化を遂げていますね…!!!

では、そんな5Gはいつから利用できるのでしょうか?

 

5Gはいつから?

日本ではすでに、大手携帯キャリアから5Gの提供は開始されています。

しかし、すぐに利用できるわけではないようです…!

というのも、「高速・大容量」「低遅延」「多数同時接続」の5Gに既存の基地局では対応しきれないので、設備を整える必要があるのだそう…

人口の多い都市部から設備が整えられていくことが予想されているので、日本全体で5Gが利用できるようになるには数年かかるといわれています。

 

5Gで予想できる未来!

高速・大容量」「低遅延」「多数同時接続」の3つが可能になる5Gでは、

下記のようなことが可能になるのではないかといわれています。

 

動画やVRがより主流に

「高速・大容量」により、容量の大きい動画やVRなどの3D映像が、身近な存在になることが予想できます。

もしかしたら、企業のホームページやオンラインストアなどでも、動画コンテンツや3D映像を使用するところが増えてくるかもしれません。

 

自動運転

「低遅延」「多数同時接続」により、車とインターネットやマップをつないで、リアルタイムに近い操作感で目的地まで遠隔操作で運転したり、自動運転できるようになるかもしれません。

 

医療分野での遠隔診療・遠隔手術

「高速・大容量」により、遠くにいる医師同士や病院間でも大容量データの送受信が可能になり、地方在住の方でも最新の医療技術を遠隔で受けることが予想されています。

また、「低遅延」により、遠隔での診療や手術も安心して受けられるようになるかもしれません。

 

遠隔での家事、工場・農園などでの活用

「多数同時接続」により、外出時に遠隔から自宅の鍵を閉めたり、家電を動かすことができるようになることが予想されています。

他にも、工場や農園に無人ロボットを導入して遠隔操作することもできるかもしれません。

 

なんだか、映画やアニメのような未来ですね…!✨

こんな未来が本当に来たらとても便利ですし、医療に関しては地域格差がなくなって良いなぁと感じます!

 

5Gの問題点

こんなに便利な5Gですが、問題点もいくつかあります…!

 

セキュリティーの問題

「多数同時接続」が可能になる分、もしどこか一つにハッキングされたり侵入されてしまった場合、芋づる式で他の機器からも情報が盗られる可能性があります。

もし、盗られた情報が犯罪グループの手に渡ったら、悪用されてしまう危険性が考えられます…!

 

地域格差の問

医療分野では、地方在住の方でも診療が受けられるようになることで地方格差がなくなることが予想できますが、問題なのは5Gが普及するまでのスピード

5Gの設備設置は都心部からになるため、人口の少ない地方は5Gが利用できるようになるまで時間がかかります

5Gでできること、変わる未来はとてもわくわくさせられますが、その分先に発展していく都市部と、設備設置が追い付かない地方では、格差が大きく開いてしまう可能性が考えられます…!

 

5Gに対応できるエンジニアの人材不足

ここでいう人材不足というのは、「エンジニア人口が不足する」という意味だけでなく、「5Gに対応できるスキルのある人材が不足す」という意味もあります。

5Gでできることが増える分、5Gに対応するシステム構築や運用、セキュリティ対策などができる、優秀な人材が多く必要とされることが予想できます。

現時点でプログラマーやシステムエンジニアをしている方や、これから目指している方は、5Gの普及により今より高度な技術が求められるようになるかもしれません…!

また、遠隔操作や多数同時接続が可能になることで、簡単な作業はAIにとられてしまうことも考えられます…!

 

たしかに、多数に同時接続できる分、一つから情報が漏洩してしまう危険性がありますよね…!!

地域格差に関しても、現時点でも都市部と地方の情報格差や社会格差はあるといわれているので、より加速してしまうかもしれません…!

 

エンジニアの方は、高度な技術が求められた際に対応できるように今のうちから新しい知識や技術を勉強する習慣をつけるといいかもしれませんね…!

 

まとめ

現在の4Gから大きく進化した5G。

遠隔操作や自動運転などできることが増える分、情報漏洩や地域格差などの問題点もあります…

ただ、そういう問題点を乗り越えることができれば、映画やアニメで見たような暮らしが実現するかもしれません…!!

 

広報GBはよくオンラインショッピングをするので、商品紹介が動画やVRなどの、3D的なものになったらいいなぁなんて思います(*´▽`*)♪

皆さんは、5Gが普及した世界でどんなことをしてみたいですか?

ぜひ、GBに教えてくださいね!✨

 

それでは、また次回!

さようなら~♪( *´艸`)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です