【アメリカVS中国】5Gの時代を支配するのはどっち??2つの国を比べてみた!

 



 

こんにちゃす٩(◦`꒳´◦)۶
よね子(@luida__shoukai)です★

5G」と聞くとどんなサービスやシステムが導入されるのか、どのように技術が発展していくのかが気になりますが、実はその裏でアメリカと中国がこれからの大きな「5G」の時代を牛耳るために銃を用いない経済的な戦いが発生していることをご存知でしたか??

今回はそんなこれからのテクノロジーの時代「5G」を制するべく、争われているアメリカと中国の実態をまとめてみました!

 



 

5Gの世界で私たちの生活は大きく変わる!!

みなさんはこれから訪れる「5G」の時代、どのように予想していますか??
なんと「5G」の時代が到来することによって私たちの生活のありとあらゆるサービスが全てインターネットによって繋がり、管理されたりさらに情報が最適化され、生活はさらに豊かになっていくと言われています。

 

【夢が現実になる世界!?】5Gでできる様々ことをまとめてみた!

 

そしてこの「5G」の発展は生活の様々な発展と同時に、この世界全体の経済にも大きな影響を及ぼします。これからの経済は、この「5G」なしでは考えられないかもしれません。

この「5G」を制する国こそが、今後の世界経済を牛耳ることができる可能性が非常に高いのです。

そんな世界経済に大きな影響を及ぼすとされている「5G」の時代を牛耳るべく、世界でも1位、2位を争う経済大国のアメリカと中国が今までにない経済戦争を引き起こすと言われているのです。

しかも、その引き金はすでに引かれているともされています。

 

アメリカVS中国の実態は・・・?

では一体どのような事態がアメリカと中国の間で発生しているのか、その様々な情報をまとめてみました。

アメリカの「Apple」VS中国の「ファーウェイ」

私たちは普段、CMや広告などで「Apple商品」は耳にしますが「ファーウェイ」はなかなかご存知ないかと思います。

中国ではこの「ファーウェイ」が私たちの知る「Apple」のような存在で、最初はアメリカや他国から「Appleのパクリだ!」と言われていましたが、最終的にはAppleのスマホシェアを超えてしまったレベルに発展。

これに対して良く思わないアメリカは「ファーウェイ関連の商品はスパイ的な機能が仕組まれており、中国のクラウドに情報が勝手に送られている」と言う疑いをかけました。

もちろんですが中国は否定しますよね。

実際の事実はわかりませんがこのようなことをきっかけにアメリカは中国に対して様々な圧をかけて行きました。

現在の中国は実はめちゃくちゃ強い!その理由が「BATH」

そしてアメリカのなんとしても中国を抑制しておきたい理由が「BATH」の存在です。

みなさんは「GAFA」と言う言葉を聞いたことがありますか??

「GAFA」とはGoogle・Amazon・Facebook・Appleの4社をまとめて表した言葉です。
現在、このインターネット世界でこの会社の名前を知らない、と言う人はなかなかいないと思います。
この会社、全てアメリカの企業になります。

しかしこの「GAFA」に並んで勢力があるのが中国の「BATH」「B→バイドゥ」「A→アリババ」「T→テンセント」「H→ファーウェイ」の企業です。

この「BATH」も徐々にアメリカの「GAFA」に匹敵する力を持っているとされています。

まさに現在世界経済や世界情報は「GAFA」VS「BATH」の状態。

しかもこの「BATH」はバックにガッツリ中国政府の支援があります。
アメリカ的には「国」と「企業」は別々であるべきだ、と考えているので、この時点でも相違が生まれているのです。

 

テクノロジーをあっせんできる「中国共産党」の政治

中国といえば共産党ですよね。

この独裁政治により、個人情報を全て吸い上げ、個人の信用を測るシステムを徹底することができます。

現にコロナウイルスで、感染者の移動ルートが反映される仕組みがいち早く導入できたのもこの中国の政治携帯が大きいとされています。

プライバシーよりも情報をクラウドに一気に集めることを優先させることによって一気にテクノロジーは発展すると考えられます。

このように両国とも「5G」の世界でテクノロジーを発展させることが今後の世界経済を牛耳ることができ、世界のTOPに君臨することができると考えています。

 



 

日本の立ち位置や発展は??

このようにみていくと、完全にアメリカと中国の問題ですが、日本は蚊帳の外かと言うとそうでもありません。

現に私たちは正直Appleは使用していますが、有名なファーウェイがどのような物か、詳しく知っている方はあまり多くないでしょう。
しかし、実は日本の企業、ファーウェイで使用されているスマホの部品を大量に作っているのです。
こうなると完全に日本は板挟み状態・・・

こんな状態で世界経済のトップになるような勢いもなく、日本はダメなのでないか・・・と感じる方も少なくないかと思います。
しかし今後の日本に全く夢がないわけではありません。

日本の強みは「新技術の発見」より「技術の応用」

日本は世界初!と言った技術よりもその世界初の技術をさらに応用し発展させることに特化している国だと言われています。
実際に車を開発したのは海外ですが、それをどんどん応用させ、さらに使いやすく、さらに技術を発展させて世界のTOPに躍り出たのは日本の企業です。

このようにアメリカと中国が「5G」の世界をどう制するか争っていますが、そうした争い方ではなくても世界のTOPで誇れる技術やサービスを後から発展させることで、日本は今までない大きな経済成長を迎えることができるかもしれません。

いかがでいたか??

様々な国の状態と「5G」を繋げて考えることで今までにない世界情勢が見えてきました!

今後どのように進展していくのか、気になりますね!!

ではでは今日はここまで!
バイバーイ!

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です