なぜ日本のコロナは感染数が少ないの!?その謎に迫ってみた!【今日の朗報】

なぜ日本のコロナは感染数が少ないの!?その謎に迫ってみた!

こんにちゃす٩(◦`꒳´◦)۶
よね子(@luida__shoukai)です★

このコーナーでは今年から私たちの生活を脅かすうざいコロナを乗り越えようとする前向きなニュースをご紹介!

 

 

ここ何ヶ月も世界を不幸に落とし込んでいる「新型コロナウイルス」の感染拡大の中、毎日のニュースの話題がコロナで埋まり、テレビを付ければコロナの最新情報ばかり・・・

 

また、最近ではイタリアがコロナウイルス発症の中国より感染者、死亡者共に上回っている状況で、世界中に緊迫したムードが広がっています。

しかしその中で日本は感染者が少なく、欧米が注目しています。

 

今日はそんな日本の謎に迫りながら、今後、私たちがどう生活していくべきかまとめました!

 

ぜひみなさんが少しでも元気が出れば幸いです!

 

※記事内で使用している画像はあくまでイメージです。

「日本のコロナの謎」 検査不足か健闘か、欧米注視

なぜ日本のコロナは感染数が少ないの!?その謎に迫ってみた!

引用元:「日本のコロナの謎」 検査不足か健闘か、欧米注視

配信日時:2020年3月25日(水)  07時09分

「【ベルリン時事】日本の新型コロナウイルス感染者数が統計上は先進国中で圧倒的に少ないことをめぐり、感染が急増中の欧米のメディアは、日本は検査不足で実態が反映されていないのか、それとも感染抑止で「健闘」しているのか注視し始めた。

 

中略

 

米通信社ブルームバーグも、検査数の少なさを指摘しつつ、検査数が多いイタリアより致死率が低いことも紹介。握手やハグの少なさ、手洗い習慣などを肯定的な要素として挙げた。

英オックスフォード大研究者らのデータベース「アワー・ワールド・イン・データ」が不完全としつつ公開している統計によると、英時間20日までの集計では、日本のPCR検査件数は約1万5000件と、韓国の31万件超、イタリアの20万件超と比べて大幅に少ない。」

このようにヤフーニュースでは欧米のメディアで「日本の新型コロナウイルスの感染者数の少なさ」に注目していることを取り上げています。

そんな中で検査数の少なさもあるのではないかとしている声もありますが、検査数が多いイタリアより致死率が低いのも事実です。

日本人は欧米の文化と比べて、「ハグや握手の挨拶がない」「家の中で土足ではない」など、接触が少なく衛生面でも清潔に保つ文化であることもあり、感染が抑えられているという点が見込まれます。

 

グラフで見てもよくわかる!感染者数の少なさ

こちら外務省海外安全ホームページでもその感染者数の少なさがよくわかります。

なぜ日本のコロナは感染数が少ないの!?その謎に迫ってみた!

なぜ日本のコロナは感染数が少ないの!?その謎に迫ってみた!

引用元:外務省海外安全ホームページ

このように全体のグラフで見ても日本の感染者が圧倒的に少ないことがよくわかります。

ヨーロッパや欧米で急激に感染者数が増え、右肩上がりになっていく中で、日本は一定の増加傾向で、いわゆる「パンデミック」状態を抑えることに成功している状態ですね。

この要因はいったいどこからきていると考えられるか、まとめてみました。

 

距離感のある挨拶

なぜ日本のコロナは感染数が少ないの!?その謎に迫ってみた!

日本人の文化として挨拶と言えばお辞儀をしたり、言葉で伝えるのが一般的ですよね。

しかし海外では「握手」や「ハグ」また「キス」などといった相手に接触することが多く、こういった些細な部分から感染を防いでいる可能性があると言われています。

 

普段からマスク

なぜ日本のコロナは感染数が少ないの!?その謎に迫ってみた!

コロナウイルスが満映している今、日本では季節が春ですよね。

この季節は花粉症の人も多く、日常的にマスクをつける人が急増していきます。

しかし海外ではそもそもマスクは「仮面」や「覆面」という意味合いが強く、マスクを付けて外出をするとかなり怪しい目で見られるということもあり、マスクをつける習慣がないそうです。

家の中では土足NG

なぜ日本のコロナは感染数が少ないの!?その謎に迫ってみた!

これも日本特有の文化ですが、そもそも家に入る時点で靴を脱ぎますよね。

海外では土足のまま家の中で生活するため、菌をそのまま家に持ち込むことになります。

また、ちょっとソファやベッドで寝転ぶくらいなら・・・靴を履いたままでも気にならないそう。

日本では絶対に考えられないですね!

 

 

手洗いの文化

なぜ日本のコロナは感染数が少ないの!?その謎に迫ってみた!

今、一番予防効果があるとされているのが「手洗いの習慣」です。

日本人は食事の前や帰宅した際にまず手を洗い、うがいをする、といった習慣がありますよね。

しかしこれ、実は海外ではあまり浸透していないようです。

 

ここで豆知識のご紹介!

ドイツの医者だった「センメルヴェイス・イグナーツ」さん手洗い法が死亡率を1パーセント未満にまで下げられる科学的な証拠を元に発表しました。

 

しかしこの方法は当時の医学界に全く受け入れられず、むしろ彼に怒りを示したり嘲笑したりする人が多かったそうです。

 

彼の死後、手洗いの重要性が認知されるようになりましたが、こういった些細な行動が「感染」を予防できると知らなければ、文化として根付くのは難しそうですね。

 

 

油断はせずに、でも過敏になり過ぎずに

なぜ日本のコロナは感染数が少ないの!?その謎に迫ってみた!

このように日本人の元々の習慣や暮らし方で、実際にコロナウイルスの爆発的な感染が抑えられているのはきっと事実でしょう。

しかし、手洗いやうがいを怠ったり、風邪気味でも外出をする・・・といった油断は禁物です。

とは言え、過敏になり過ぎて外出を全て控えたり、デマに流されてしまっては元も子もありません。

私たちは今できる最善の行動を正確なニュースで判断しながら、この「コロナウイルス」との長期戦に臨んでいかなければなりません。

世界的なこの疫病に全員で立ち向かっていきましょう!

 

そんなコロナウイルスを「経営者目線」で語ってみた!社長の見解はこちらの記事にて!

コロナについて経営者目線で誠に勝手に書いてみた

 

そしてそんな日本が嫌いだ!!とツイッターでよくぼやいている人はこの記事を読むこと!!

Hey Japaneseいい加減にしろよ

 

 

ではでは今日はここまで!

バイバーーイ✋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です