企業紹介!株式会社ビジネスウォリアーズ様

やってまいりました!!

企業紹介のコーナーです★

登場人物

 

ユニコーン編集長:とっても可愛くてファンシーな見た目とは裏腹にとにかく場を乱すクレイジーな編集長。なぜこんなヤツが編集長なのかは不明。

最近は元々馬だったという過去が明らかになった。

 

アシスタント記者 よね子:ユニコーン編集長のアシスタント。編集長に殺意を抱きながら日々真面目に仕事をこなしている。

 

 

 

よね子「さて!第二回目のこのコーナー!今日は「株式会社ビジネスウォリアーズ」の代表取締役 相原秀哉社長にお越しいただきました!

よろしくお願いいたします!」

 

相原社長「よろしくお願いします!」

 

編集長いらっしゃ~~~~せ!!!おひとり様でしょうかぁ~??」

 

相原社長「あ!サンウッド様の取材、とっても面白かったですよーーー!」

編集長「えーー!じゃあまた小麦粉  相原社長「あ、僕小麦粉かぶると心臓麻痺になって死んでしまうアレルギーなんでちょっと勘弁してください」

 

編集長「それ見てみたいなぁ。。。うん」

 

よね子「(すごい・・・すでにくそ編集長のあしらい方を熟知していらっしゃる・・・)」

 

よね子「ではでは!私の方で取材をさせていただきます!早速ですが事業内容を教えてください!」

 

 

相原社長3日で働き方改革をかかげ、業務改善のコンサルティングや教育、研修などを行なっております。」

 

よね子「へーーー!すごいですね!!たったの3日で業務改善できるんですね」

 

相原社長「はい。業界最速だと自負しております」

 

編集長「はい。業界最速で◯慰しております」

 

よね子「具体的にはどのように改善を行うのですか?」

 

編集長「まずズボンを脱いで・」 よね子「黙れ」

 

相原社長「まず業務調査を行い、業務プロセスを可視化します。可視化したものを元に、効率化を目指して施策を行います

例えば現場の人の「困っている」「改善したい」といった項目を付箋に書いてホワイトボードや大きな紙に貼っていくんです。

そうすることによって実際に具体的な改善案が見えてくるんです

 

 

 

よね子「なるほどですね。改善策が出たら資料を提出して相原社長のお仕事は終わりなんですか?」

 

相原社長「いえいえ。改善策が出てからが本当の勝負です。どんなにいい施策も実行されないと意味がないと考えておりますので、実働に落とし込むところまでしっかりやらせて頂いております。

業務効率をあげるために、エクセルのマクロを使用したツールが必要であればそこの構築までやらせて頂いてたりします。」

 

よね子「素晴らしいですね。とてもやりがいがありそうなお仕事ですね。難しそうですけど、、、」

 

相原社長「正直簡単ではないのですが、とてもやりがいはありますよ」

 

編集長「やどかりとやりがいは紙一重ですよね?」

 

相原社長「えっええ、そうかもしれないですね。」

 

編集長「第一回編集長クーイズ!!!やりがいがやどかりに変化した時の面積を求めよ!!」

 

相原社長「え~っと」 よね子「すみません。無視でお願いします」

 

よね子「どんな時にやりがいを感じるんですか?」

 

相原社長「改善後残業が35%減ったとか、社員が以前よりイキイキと働いているなんて言われるとやってよかったなぁと思いますね。また思わぬ副産物として会社全体のモチベーションが上った気がするとか、何か風通しがよくなったといわる事が多いんです。

 

よね子「それはとてもやりがいを感じそうですね。働き方改革ってまさにトレンドだと思うのですが、そういったサービスなかなかないですし、ニーズ多そうですね!!」

 

相原社長「そうですね、やはり時代の流れに敏感な経営者さんからのお問合せが増えてきましたね」

 

よね子「ですよねぇ。今のかたちになるまでに、ご苦労されたことなどあれば教えてください。」

 

相原社長「苦労と言うか最初は挫折の連続でしたね。起業したての頃は信用と認知度がゼロでしたので、なかなか売り上げ上がりませんでした。

 

 

自分、元IBMに勤めてたんですけど、そういう肩書きも一切通用しないんですよね。」

 

編集長「わかる!!俺も今のユニコーンの姿になるまで長い道のりがあったよ・・・」

 

よね子「いやいやいやいや、もう聞いたんでいいです。どうせ同じ話だろ」

 

よね子「ご苦労されたんですね。確かに信用や認知度がない状態で、お仕事を獲得するのって難しいでしょうね。。。どうやって打開されたんですか?」

 

相原社長人脈に救われました!知り合いや友人からお仕事をいただいて、そこで実績が積めましたね!そこから仕事が広がり、Z-会さんや上越大学さんで導入していただけました!最初にお仕事をくれた方の顔は多分一生忘れる事が出来ないほど感謝してます」

 

よね子「それは相原社長のお人柄ですね。まだ数分のお付き合いですけど、私とても好きになりましたもん。」

相原社長「ありがとうございます。恐縮です」

 

 

編集長「(クッソ真面目に取材しやがって・・・)」

 

 

編集長「(ふひっひらめいた!!!!!!!)」

よね子「(あいつ・・・またよからんこと考えてるな・・・)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よね子「(あ・・・ランチね、はいはい、ほっとこ)」

 

よね子「ちなみに自社の社内改善とかにも力を入れているんでしょうか?」

 

相原社長「実はウチ、固定の席とかがなくて、カフェとかで仕事してるんですよ」

 

 よね子「ええ!!そんな素敵な働き方をしているんですか!?」

 

 

 

 

 

 

相原社長「はい(笑)ただ最初は成果が出ませんでした。

《パフォーマンス出せれば何をしてもいい》と言う考えですので、かなり自由に社員が働ける環境にしました。

しかし、人間の性でしょうか。

完全に自由になってしまうと人間だらけてしまう面が出てきてしまうんですよね。」

 

「なので「今日何やるのか」「今日はどんな目標で業務をするのか」を共有することで成果が出るようになったんですよ。

仕事でミスやうまくいかなった時ってよく「なぜ」って問いかけてしまうんですけどそうではなく「どうしたらできるようになるのか」と前向きに考えるのが大切なんですよね。

ルイーダさんと一緒でブラック企業撲滅し隊なので、

ぜひ弊社のサービスでたくさんの企業さんが定時で帰れるようにお手伝いさせていただければいいなあと思います!」

 

編集長「できたーーーーーーーーーーー!!!」

 

よね子「・・・人の頭に巣作り始める馬鹿がどこにいるんですか・・・」

 

編集長「え!?可愛くない!??映えじゃない!?!?絶対頭にひよこ似合う系男子だと思ったんだよね〜♡」

 

よね子「なんでもかんでも〇〇系男子って言えばいいとでも思ってるんですか・・・?」

 

相原社長「まあまあよね子さん!このくらいのいたずらなら可愛いもんですよ!」

編集長「やっぱり!?え!?一緒に自撮りしてあげようか!?」

 

相原社長「あ、それは結構ですw」

編集長「はぁ???」

 

ひよこ似合う系男子、相原社長は笑顔がとっても素敵な方でした。

という訳で今回の取材はここまで!
ぜひみなさんも株式会社ビジネスウォリアーズさんのサービスで社内環境をほっこりホワイトに改善してみてはいかがでしょうか?★

株式会社ビジネスウォリアーズ
代表取締役相原 秀哉
設立2016年4月6日
所在地〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-1
大手町ファーストスクエア イーストタワー4F
TEL:03-5219-1350
WEBサイト:https://bw-s.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です