ユニコーン編集長の生い立ち

登場人物


ユニコーン編集長:とっても可愛くてファンシーな見た目とは裏腹にとにかく場を乱すクレイジーな編集長。
なぜこんなヤツが編集長なのかは不明。

アシスタント記者 よね子:ユニコーン編集長のアシスタント。
編集長に殺意を抱きながら日々真面目に仕事をこなしている。


今日はそんなユニコーン編集長の誰も知りたくないであろう生い立ちを仕方なく紹介しますー












編集長「あれ!?よね子、髪切ったん??」









よね子「ここのところずっとユニコーンくそ編集長のせいで仕事が増えて増えてもうイライラして仕方なかったので美容院でイメチェンしてみました★」


編集長「そんなことある??」

よね子「ありよりのありですね☺️」










編集長「まあ、理由はどうであれ自分を変えたい時ってあるよね・・・俺も今のユニコーンの姿になるまで長い道のりがあったよ・・・」


・・・



編集長「あれは、俺がまだ普通の馬だった頃・・・」






よね子「(え・・・?なんか勝手に回想始まったし・・・え?てか馬だったの???)」


編集長「俺は乗馬クラブで普通の馬として生きていたが、ある日、とある人間のオスがめちゃんこ美人なお姉様方とイチャイチャきゃっきゃうふふと楽しくお話ししてたんだ・・・」







編集長「それをみて俺は思った







「「「モテモテ王に・・・俺はなる!!!!」」」って」


よね子「ただの下心かよ・・・」


編集長「その日から俺の闘いは始まった・・・、毎日毎日、人間の言葉を覚えるべく日々奮闘したんだ・・・!!」





よね子「いや、食ってばっかだし・・・てかド◯えもんの暗記◯ンやん・・・」


編集長「そして俺はついに人間の言葉と人間の体を手に入れたのだ!!!」






よね子「いやいやいや!!!!どうしてそうなった!!!!!」



編集長「ここまで行けばあとはおしゃれなバーとかに行けばもうモテモテ確実や!!!」












「喋れるお馬さんなんて初めて見たわ・・・」

「私、お馬さんと一度でいいからお話ししてみたかったの・・・」






編集長「これだーーーーーーーー!!!これで行こう!!!」










編集長「えーーーーーーー・・・・」



・・・・







編集長「こうして俺は今も両手に美女を連れて歩けるように日々奮闘しているのだよ・・・」




























よね子「いやいやいやだからどうしてユニコーンになったんだよ!!!!!」


謎深きユニコーン編集長・・・またまた謎が深まるばかり。。。
こうしてよね子のストレスはまた増えていくのであった・・・


ちなみにお馬さんは入店禁止ですが
馬好きの人がで語り合えちゃうのがこちらのおしゃれなバーです。






Cafe&Bar ムーティエ

店舗情報

銀座一丁目駅 徒歩1分 (キルフェボン隣)

〒104-0061 東京都中央区銀座2-5-5-B1F

TEL 03-6263-2597

OPEN 15:00~24:00

CLOSE 日曜(祝前日の場合は営業・月曜休業)


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です